ゴミ屋敷の片付けを格安で行う方法とは

ゴミ屋敷の片付けはとにかくお金がかかるものです。ここでは何とか費用を抑える為に、ゴミ屋敷のレベルに応じた最適な方法をご紹介していきます。

格安片付け方法1.まずは自力で片付けられないか検討

ゴミ屋敷と一口に言っても人により状態は様々です。ただ、最も格安で片付けるなら自力でやるのが一番お金はかかりません。

自力でできる範囲は上記の画像程度の汚れ具合まででしょう。かろうじて床は見える、ただ日常ゴミも混ざっているような状態。これならば、まだ何とかなります。

ゴミ屋敷を自力で片付ける時のコツ

  1. まずは可燃・不燃・瓶缶ペット等の日常ゴミから捨てる
  2. 日常ゴミが消えたら仕分け用のスペースを確保する
  3. 断捨離の方法で種類別に一つずつ捨てていく

自力でゴミ屋敷を片付ける基本となるステップは上記しかありません。まずは、徹底的に明らかにゴミと言える日常ゴミから捨てていきます。まずはこれを徹底しなければ始まりません。

日常ゴミは収集日以外も捨てられる!

ゴミ捨てが中々はかどらない方の中には、収集日に仕事の都合でどうしても捨てる時間がなくて……という方も少なくありません。ただ、家庭系のゴミでも、処理工場へ持ち込めば収集日以外にも捨てられることはご存じでしょうか?

事前に下記工場まで電話予約が必要で、平日の限られた時間しか持ち込めませんが、ゴミ屋敷で大量の家庭系ゴミが出る場合、可燃・不燃・瓶缶などを曜日別で分けるだけでもメンドウですよね。スケジュールさえ合えば、下記へ一気に持ちこんで処理してもらうのも一つの手です。

受け入れ曜日:火・水・木・金曜日 9-11時、13-15時

大阪市の予約先
お住まいの区(ごみの発生区) 担当する処理施設 電話番号
(かけ間違いにご注意ください)
中央区・東成区・城東区・鶴見区  鶴見工場別ウィンドウで開く  06-6912-4700
北区・西区・港区・大正区浪速区・西淀川区・住之江区西成区  西淀工場別ウィンドウで開く  06-6472-3000
福島区・此花区  舞洲工場別ウィンドウで開く
(破砕設備設置)
 06-6463-4153
天王寺区・生野区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・平野区  平野工場別ウィンドウで開く  06-6707-3753
都島区・淀川区・東淀川区・旭区  東淀工場別ウィンドウで開く  06-6327-4541
(他工場の状況により持込みしていただく場合あり)  八尾工場別ウィンドウで開く  072-923-4226

※持ち込み詳細は自治体によって異なります。上記は大阪市のものですので、その他の方は各市の公式HPをご確認下さい。

家庭系のゴミを徹底的に排除したら、その他の物品の片付けですが、上手な片付け方については下記を参考にしてみて下さい。

ゴミ屋敷を自力で片付ける最適な手順とは?

格安片付け方法2.家事代行サービスを利用する

ゴミ屋敷の片付け業者よりは確実に安いのが家事代行サービスです。一時間あたり2~3千円が相場となっていて、収納が苦手な方や、衣類などが散らばっている、お風呂に黒カビが出ているけど掃除がメンドウ……そんな方には向いています。

ただ、家事代行サービスはゴミは捨てられません。

イメージとしては、上記のような散らかっているだけの部屋に向いているのが家事代行です。ゴミがあまりにも多いようであれば家事代行は頼めませんし。

『ゴミはちゃんと捨てているけどどうしても物が捨てられない・片付けられない』

という方の場合、家事代行サービスを利用するのも費用を抑えるコツです。

格安片付け方法3.業者利用時に費用を抑えるコツ

自力ではどうしても片付けるのが難しい場合、やはり最後はプロの業者にお願いするしかありません。ただ、お願いするにあたっても、下記のポイントを押さえておくと、費用を抑える事に繋がります

1.相見積もりを取る

まずは基本中の基本ですが、どの業者に依頼するにせよ、必ず相見積もり(複数の業者に見積もりを出してもらい比較すること)を取りましょう。

ゴミ屋敷の見積もりは基本的に現地を確認した上で決まります。その為電話口やメールでの問い合わせでは概算しか出ません。何度も別々の業者に来てもらって、その都度立ち会って、というのは手間がかかりますが、相見積もりをやるのとやらないのとで確実に数万円単位で差が出ます。ゴミ屋敷の規模によってはそれ以上変わることも。

ゴミ屋敷業者の価格設定はそのくらいアバウトなもので、相場はあって無いような言い値相場が実体なので、格安片付けを希望するなら絶対相見積もりは取りましょう。

その上で、最安値保証を謳っている業者さんに、価格交渉をするのが格安片付けへの最短距離です。

⇒大阪で価格交渉が出来るゴミ屋敷清掃業者はこちら

2.水物だけは自力で捨てておく

ゴミ屋敷の片付け業者に依頼する際、最も時間と手間がかかる作業がペットボトルなどに残された、お茶や水などの飲み残し、そして水分を含む生ごみ系の食べ残しです。

これらは、分別の為に一つずつ処理しなければならず、特にペットボトルは飲み残しを捨てるのに時間がかかる為、これらのゴミが多ければ多い程、その分トータルの費用が嵩みます。

飲み残しはトイレに流しておく。食べ残しは生ごみとして分別してまとめておく。これをやるだけで格安片付けに確実に繋がります。

3.片付け後のハウスクリーニングは自分でやる

ゴミ屋敷の片付け費用の中で、内訳が別途になるのがハウスクリーニングです。重度のゴミ屋敷の場合、床が腐っていたり、カビが生えていたり……。ゴミ屋敷片付け業者は、それらを綺麗に清掃・消毒・殺菌までやってくれるところも多数あります。

中にはリフォームが必要なレベルでダメになってしまっている場合もありますので、そういったケースでは専門の業者にお願いした方が良いと思います。ただ、床や壁にダメージが少なく、片付け業者にゴミを持ち帰ってもらった後なら、自力で掃除が出来る場合には、ハウスクリーニングはいらないと明示しておくのも費用を抑えるコツです。

4.不用品の仕分けは事前に済ませておく

家庭ごみではなく、家電や美容化粧品など、いわゆる日用品系のゴミを処理する場合に大事なポイントが事前の仕分けです。ゴミ屋敷の住人の方は、転がっている家電等の多くが『いつか使う』で『実際は使っていない』、そんなケースが多いもの。

ゴミ屋敷の片付け業者に依頼する前に、本当に必要な物だけでもリスト化しておき、その他の物は全部捨てる!と決めておくだけでも業者の作業時間の短縮に繋がります。また、買い取れる物があれば片付け代金からの値引きに繋がり、結果的に格安での片付けに近づきます。

ゴミ屋敷の片付けを格安で行う方法 まとめ

  1. 相見積もりを必ず取って値引き交渉する
  2. 飲み残し・食べ残しだけは先に捨てる
  3. ハウスクリーニングは自分でやる
  4. 不用品の仕分けも出来たらやっておく

自分では手が付けられないレベルのゴミ屋敷の場合、どうしても自力では難しく、片付け専門の業者にお願いする形となります。

ただ、その中でも費用を抑える方法は確実にあります。しっかりポイントを押さえて、適切な業者選びを行って下さいね。